車のコーティングの必要性とおすすめのコーティング剤ランキング

みなさんは車のケアはしていますか?月に一度ワックスをかけるくらいはしないと車の塗装は弱ってきます。でもワックスをかけるとなると、なかなか面倒な作業ですよね。

最近では車にコーティングをする人も増えてきましたね。そこで今回は車のコーティングについてになります。おすすめのコーティング剤も紹介するのでどうぞ最後までお付き合い下さい。

目次

車のコーティングの必要性!必要?必要ない?

そもそも車のコーティングは必要なのか?ということですが

その答えは出来ることならしたほうがいいと言えます。錆や色あせの事を考えるのなら、コーティングをした方がいいですし。逆にたまに洗車機に入れるからそれでいいという人は必要がないでしょう。

車をどう使うのかにも関わることですが、紫外線のことを考えれば出来ればした方が良いと言えそうです。

コーティングしている車の洗車についての疑問

それでは車をコーティングした場合には洗車は必要ないのでしょうか。いえいえ、そんな事はありません。やはり洗車は必要です。ただ、いくつか注意しなければならない点がありますので、順に見ていくことにしましょう。

何に注意して洗車すればいい?

それでは具体的に何に注意して洗車をすればいいのでしょう。これはコーティング剤の種類によっても変わりますが、一般的には洗剤をつけないで洗車した方が良いと思います。

車に付いた埃などを洗い流すイメージで水洗いをすればいいでしょう。洗車のあとは水を切り、乾いた柔らかいクロスで丁寧に拭き上げることも大事です。そうする事でコーティングは長持ちするでしょう。

洗車頻度は?

季節や地域によっても変わりますが、2週間に一度くらいです。あまり洗いすぎるとコーティング剤が流されてしまいます。

洗車が面倒でも月に1度は洗って欲しいです、要するにコーティング剤は万能ではありません。アフターケアを怠るとコーティングの持ちも悪くなってしまいます。

適切なケアをすれば車のツヤは保たれますので、最低でも月に一度くらいは洗車をするようにしましょう。

洗車機は使っても良い?

出来れば手洗いで行ったほうがいいのですが、最近の洗車機のブラシは昔と違って柔らかい素材に変わってきていますので、新しい洗車機なら使っても大丈夫です。水洗いのみなら料金も安くてすみます。

なるべく大きなガソリンスタンドで、車検などを受け付けているところなら安心でしょう。古いガソリンスタンドの洗車機は、プラスチックのブラシを使用している可能性があるので、避けた方が無難です。

おすすめの車コーティング剤ランキング5選

車のコーティングは、出来れば専門業者に依頼して施工してもらう方がいいのですが、料金が高いので二の足を踏む人も多いと思います。

新車時に行えば数万円ですみますが、そうではない場合は下地処理にお金がかかるので、下手をすると10万円を超えるケースもあります。そこでおすすめしたいのが、自分でコーティングをすることです。

プロの仕上げにはかなわないかもしれませんが、丁寧に作業をすれば十分きれいになります。そこでここからはいくつかコーティング剤を紹介しましょう。

5位:Surluster(シュアラスター) コーティング剤 ゼロウォーター S-108

Surluster(シュアラスター) コーティング剤 ゼロウォーター S-108

車用ケミカル製品の大手、シュアラスターの商品です。

親水タイプのガラス系コーティング剤となります。洗車後、ボディが濡れている状態でも、スプレーして拭き取るだけなので簡単に作業が出来ます。コンパウンドを含んでいないので塗装に優しい商品となっています。

参考価格:¥2,000

4位:プロスタッフ(Prostaff) CCウォーターゴールド300 S121

プロスタッフ(Prostaff) CCウォーターゴールド300 S121

「プロスタッフ CCウォーターゴールド300」も「シュアラスター ゼロウォーター」と同様に、ボディが濡れている状態でも作業を行えますが、ボディを拭き上げてから使用した方が艶を出すことが出来ます。

繰り返し使うと艶が増すのも特長でしょう。

参考価格:¥2,180

3位:(株)トップラン 硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPREMIUM

(株)トップラン 硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPREMIUM

「ピカピカレインPREMIUM 」は常温で硬化するタイプのガラスコーティング剤です。25mlと少量なので心配される方もいるかも知れませんが、普通車一台なら十分な量となっています。

高価ですがその価値のある製品です。しっかり洗車をして水分を拭き取ってから作業を行うようにしましょう。

参考価格:¥9,850

2位:ワコーズ VAC バリアスコート A141

ワコーズ VAC バリアスコート A141

「ワコーズ VAC バリアスコート」の最大の特徴は、金属や樹脂、レンズ類まで使用できること。ですからボディだけでなくホイールやヘッドライトにも使えます。

洗車後、多少水気が残っていても作業は可能です。アマゾンではベストセラー1位の座に輝いています。

参考価格:¥2,926

1位:AZ(エーゼット) 自動車用ガラス系コーティング剤 アクアシャインクリア CCT-001

AZ(エーゼット) 自動車用ガラス系コーティング剤 アクアシャインクリア CCT-001

「エーゼット アクアシャインクリア」はボディはもちろん、ダッシュボードなど車内にも使えるガラス系コーティング剤です。ホイールやヘッドライトにも使用可能です。

中型の車なら7~8回は使える量になっているのでお得です。

参考価格:¥1,053

まとめ

以上、車のコーティングについて見てきました。

自分で作業を行えば安くてピカピカに仕上がると思います。もちろんプロの仕上げとは違うかもしれませんが、十分きれいになりますから一度試してみて下さいね♪

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる