ポリッシャーを使ったワックスのかけ方

こんにちは、沖縄一高価買取に挑戦中のマルクです!
本日は、ワックス掛け方法について書いていきますね♪

皆さんはワックス掛けをしたことがありますか?
今回はポリッシャーを用いた方法を説明していきますね!

目次

必要な道具紹介

まず、今回使用する道具を紹介しますね

①ワックス用ポリッシャー
②塗り込み用のバフ
③拭き取り用のバフ
④ワックス剤
⑤乾いたタオル

作業方法の手順

①まず、ポリッシャーに塗り込み用のバフを装着します

②次にバフがついているポリッシャーにワックス剤を付けます

※ワックスをつける際、大量に付けてしまうと後々、拭き取りにくくなって汚く見えるので、薄めにつけましょうね

③予め塗る範囲を決めておく
 写真の色がついているところが今回の範囲です!

④範囲の真ん中からあたりから塗り始めます
 伸ばすような感じに横方向に塗っていきます
 端から始めると端の方にワックスが固まるので真ん中から周りに広げるように塗って
 塗る時のコツは刷り込ませるように塗るとよりコーティングが長持ちしますよ♪

 次に縦方向に塗っていきます!

⑤ワックスが塗り終わりましたら塗り込み用のバフを外し、拭き取り用のバフを装着

⑥塗り込んだワックスを拭き取っていきます
 この時拭き残しがないようにワックスが残ってないかどうか確かめながら綺麗に拭き取っていきます!
 

⑧取り残しのないように綺麗に拭き取ります
 もし乾いてしまって拭き取れない場合は乾いたタオルで撫でるように拭き取ります!
 以上で今回の作業は終了になります

まとめ

今回は、ポリッシャーを使ってのワックス掛けの方法について書いてみました!
ボディにワックスをするのとしないのとでは塗装の輝きや耐久度も全然変わります
沖縄は雨や台風が多いですし、紫外線対策の為にもワックスはした方がいいと思います
是非参考にしてみて下さいね♪

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる