車の名義変更に必要な書類!

こんにちは沖縄県一の高価車買取に挑戦中のマルクです!

本日は車の売買では”必須”となる名義変更についてに紹介したいと思います。一見、車の名義変更と聞くと難しく感じてしまいますが、ポイントさえしっかり抑えておくとそこまで難しくありません。

そこでここでは、誰が見ても理解できる様にできる限り簡潔に普通車&軽自動車の名義変更についてまとめてみました。

外国人の方の名義変更は以下の記事を参考にして下さい。

関連記事:外国人の車の名義変更について

【普通自動車】名義変更に準備しておく書類!

初めに普通自動車の名義変更時に準備しておく書類についてです。

<本人以外の誰かに委任する場合>

  • 車検証
  • 旧所有車の印鑑証明書 1通
  • 旧所有者の実印が押印された委任状 1通
  • 旧所有者の実印が押印された譲渡証 1通
  • 新所有者の印鑑証明書 1通
  • 新所有者の実印が押印された委任状
  • 警察署で発行してもらう車庫証明書 

以上になります。

ただ、新所有者もしくは旧所有者が直接登録に行く場合はそれぞれの委任状がいらなくなり、それぞれの実印をお持ち頂くことになります。

ただし車検証上の住所から引越しなどで住所変更をしている場合は、前住所の乗っている住民票が必要になります!

さらに2回以上引っ越している場合は、住所をつなげないといけないので、住民票の除票(じょひょう)か戸籍の附票(ふひょう)が必要にはなってきます!(本籍地に取りに行く)

そして結婚等をして姓が変わった場合は、戸籍抄本が必要になります

普通車の名義変更をする際のポイント!

上記の書類が揃っていれば、あとは運輸支局にある必要書類に必要事項を記入して、500円の収入印紙を貼れば名義変更は行えます。

また、旧所有者から新所有者に対してできれば必要なものとして、売却するときには税金が滞納していないことの確認として納税証明書か納付書の控えが必要になりますのでお忘れなく!

普通車は車庫証明書がないと名義変更が出来ませんので、先に最寄りの警察署の方に申請を出して約1週間後に受け取りに行く形になります!(一部地域によっては車庫証明書がいらない所もありますので、知りたい方はご連絡を)

詳しくはこちらで取得方法を解説→車庫証明書の取り方

【軽自動車】名義変更に準備しておく書類!

では、軽自動車の名義変更の際に準備しておく書類について紹介したいと思います。

  • 車検証
  • 新・旧所有者の認印
  • 新所有者の住民票 1通

のみ!

普通車と比べると圧倒的に提出書類が少ないですね。

そして、上記の書類だけで名義変更は行えますが、普通車と同じく税金の滞納がないことを証明する書類として納税証明書か納付したことのわかる控えが必要になりますので、お忘れなく!

☆軽自動車は車庫証明書が名義変更時には必要ないのですが、名義変更後に所轄の警察署に申請することになります。
管轄によっては車庫証明書がいらない地域もありますので、詳しくはご連絡頂ければ分かり易くご説明いたしますね♪

まとめ

今回は車の名義変更の際に必要な書類について「普通車」と「軽自動車」に分けて紹介しました。

車の名義変更と聞くと難しく感じてしまいますが、書類さえ準備できればそこまで難しい手続きではない事がお分かり頂けるかと思います。

もし、不明点等ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

愛車の基本情報を送って現在の相場情報をGET!

【査定の流れ】

ステップ1:クルマ買取のマルクLINE@を友だち追加
《スマートフォンの場合》下にある「友だち追加」のボタンをタップして登録
《パソコンの場合》友だち追加ボタンをクリックしたのちQRコードを読み込み、「追加」を押す

ステップ2:友だち追加するとLINEトーク画面に当店よりメッセージが送信されます。
メッセージ内容に沿って車両の詳細を送って頂くと査定準備完了!

【当店より査定時点での相場価格を順番に返信させていただきます】
その後、より正確な金額を知りたい場合は実車の査定行います

 

友だち追加