ヘッドライトをコンパウンドを使って綺麗にしました!

こんにちは、沖縄一高価買取に挑戦中のマルクです!
本日は、当店の代車で使用しているラパンのヘッドライトが黄ばんでいたので
コンパウンドで、磨いてみました!

目次

使った道具紹介!

①電動ギアアクションポリッシャー
②極細コンパウンド
③バリアスコート
④吹き上げ用タオル

ヘッドライトの磨き方!

まず磨く前の、黄ばんできてしまったヘッドライトの写真です!

 

少し黄ばんでいますね…
早速取っていきたいと思います!

まず

ポリッシャーにバフを装着してコンパウンド2cm程を付けます
※注意※
ポリッシャーを押す力を入れすぎてしまうと
元々のコーティングが剥がれてしまったり、塗装面に当たってしまって塗装が剥げてしまうことがあります!!
時間がある方はマスキングテープなどで養生をして作業してくださいね♪

次に、早速黄ばみを取っていきましょう!

↑こんな感じで、コンパウンドを全体的に行き渡る様に
最初は中心に当てながら円を書くように周りに広げていきます!

その際に、意識すること接地部分とバフは平行に近づける事!

※注意※
角度を付けすぎるとパフ以外の部分がボディーやヘッドライトに
当たって傷つける可能性があります!

 

↑コンパウンドで削り終わりました!

最後は、コーティングをしていきます!
コンパウンドで削るだけで何もしないと
劣化の進行が早く進んでしまう為です!

↑今回つかったのはこちらのコーティング剤になります!
ワコーズさんのバリアスコートです
付属のタオルに、適量を吹きかけてヘッドライトを拭き上げます
以上で作業は終了になります!

まとめ

今回は、ヘッドライト磨きについて書いてみました!
コンパウンド自体はボディだけじゃなく、今回のようにヘッドライトにも使えますよ♪
ただ、車のボディカラーによってコンパウンドの種類が変わってきます!
ブラック系のような濃色のボディに荒めのコンパウンドで磨いてしまうと
磨き跡がボディーに残ってしまったり…💦
ホワイトのような淡色であれば荒めのコンパウンドで
磨いても後はあまり目立たないです!
今回はポリッシャーを使用して磨きましたが、手で磨くことも出来ますので
皆さんも、ヘッドライトが黄ばんでいたり、ボディに擦り傷がある際は磨いてみて下さい!
今回も最後までご覧頂きありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる