スマホ「ながら運転」罰則強化 2019年12月1日から施行

高価買取沖縄No.1に挑戦中のマルクです!

今日は車を運転する全ての方へ知っておいてほしいお話があります!

飛ばさずに読んでもらえると嬉しいです☆

 

12月1日から施行されたスマホ「ながら運転」の罰則強化についてですが、なぜ罰則が強化されたかというと、携帯電話を使用した重大事故が増えたからなんです!

携帯電話に係る事故がどのくらい増えたかというと、携帯電話使用による事故発生件数ですが、平成30年中の携帯電話使用等に係る交通事故件数2790件で過去5年間で約1.4倍に増加し、携帯電話使用と使用なしでは死亡事故件数が約2.1倍にもなるそうですよ〜気をつけましょう!

ここで少し考えていただきたいのですが、時速60キロで走行中に携帯電話の画面を注視(2秒間)すると、どれくらい距離が進むかご存知でしょうか?

少し考えてみてください。

なんと、33.3メートルも進むそうです。

驚きですね!

 

33.3メートルって言われてもピンときませんよね…距離を別のもので例えると、バスケットコートの長辺の長さが28メートルの長さなのでバスケットコートの端から端まで2秒で到達する距離というと少しわかりやすいでしょうか?

携帯電話に気を取られて前方を横断中の人に気づかず、事故を起こしてしまうというのは度々ニュースでも見聞きしたりします。

ながらスマホでこんなことや

こんなこと、経験ありませんか?

 

危ないのでやめましょう!

 

そのほか、走行中は携帯電話だけでなくトランシーバーを含む無線通話装置・画像表示用装置(カーナビ・モニター・ディスプレイオーディオ・ホルダーに装着したスマホやタブレットも含む)の画面を注視するのもNGとのことです。

ここで一つ疑問なのが注視というのがどのくらいの時間のことを指すのかですが、現段階で注視を2秒と(予想)する向きが多いのはカーナビメーカーなどに向けた国家公安委員会告示第12号において「注視」とはおおむね2秒を超えて画面を見続けること、としていることが理由だそうです!なるほど〜!

 

罰則についてですが、携帯電話使用等によって交通の危険を起こした場合は、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金で基礎点数6点減点となり1発免停です!それくらい重い罰則です!

携帯電話使用、持っていてもダメですよ!の場合は6月以下の懲役又は10万円以下の罰金で反則金が大型車2万5千円、普通車1万8千円、二輪車1万5千円、原付車1万2千円で基礎点数3点の減点です1

何れにしても重い罰則であることに変わりないです!

人々にとって欠かせないものになっているスマホ(携帯電話)ですが、場合によっては大切な命を奪いかねないものだということを認識して、交通ルールに則った運転を心がけていきましょう1

 

本日もお読みいただきありがとうございました!