こんにちは〜!

夏休みシーズンラストスパート〜!

そんな中、子供を遊ばせている途中、ふと回りを見て思った事が…      それは、、、

「木登りしている子がいない!」

「 学校にジャングルジムがない!」

(やんちゃな遊び)

それに気づいた時から、いろいろ回りを気にして見ていたのですが、やっぱりいない、ない!

われわれの小さい頃の遊びと言えば、プールに野球、鬼ごっこ、高鬼、缶蹴り、木登り、ジャングルジム制覇の難易度タイムで競い合い!等に熱くなったものです

でも、今は屋内でのゲームやカード遊びと室内での遊びが増えている感じがします。

(個人の感想ですが。。)

そこで、(私自身、小学生にスポーツを教えているのですが)子供達を注目して見ていると、もも上げが出来ない子、スキップが出来ない子、ジャンプが出来ない子といろいろいます。

初めは、気にも留めていなかったのですが、遊び方の変化に気づいた時からは、よく目につく様になりました。

遊び方と関連性があるかないかと言われれば分かりませんが、自分は少しはあるのではないか!?

と思い実際に子供達に、ミニバーやラダーを使って運動をさせてみると…大半の子が出来てない!

(ビックリ)

そこで、やり方を教えると出来るし、みるみるうちに上達していく!

やっぱり、外で遊ぶ事(いろんな遊び)でバランス感覚や危険察知能力や運動能力って養われる事に気づかされ、環境の変化が原因かなぁ〜と思った最近でした。

今日はチョットマジメな話でスタートしちゃいましたね〜 笑汗

そんな事から、子供達を連れてお外に遊びに出かけましょう!

そして、前回洗車の話しをしたので

 

今日はみなさんの愛車がキレイになっている中さらに愛車にキレイになってもらいましょ〜!

今は見た目はピッカピカでしょ〜!

でも、ツルッツルでしょか?って話です

大事!コーティングをする前の下地処理

それでは早速、実際にボディを触ってみましょう。 素手ではツルッツルに感じるかもしれません。

ですが、タバコのケースをカバーしている 透明なフィルムがありますよね〜。 それを取ってボンネットを軽く撫でてみましょう〜

↑こんな感じで

どうです?何か感じたんじゃないですが?

ザラザラ感がありましたよね、その正体は鉄粉なんです!!

普段走行している時に目には見えない鉄粉がボンネットやルーフ(車)に刺さっているんです。

大半の人がそれを放ったらかしにしています、自分もその1人でした! 汗

その鉄粉を放ったらかしにしていたらどんな現象が起こるのかと言えば、、、 それは、サビです!

錆びるんです!

目に見えない位、小さいのですが、鉄であることに変わりはないんです

ぱっと見は分からないのですが、よ〜く見ると、小さいオレンジの点点があります。

それが、どんどん大きくなっていくと塗装の内部から腐食していってしまうんです! 嫌ですよね〜。

それを、洗車の時に取り除ける方法があります!

 

それが、粘土!!!ね・ん・ど!

↑粘土です(コーティング施工車にも使えるとの事です)

使い方は、ボディの汚れをある程度落として、綺麗になった状態で水を流しながら(滑りを良くする為)粘土でボディを軽くナデナデ、それだけで鉄粉を除去出来ます。

ある程度ナデナデした時に粘土のナデナデした部分を見てください。

びっくりするくらい茶色くなっています。(ボディから粘土に鉄粉が付着するからです)

↑施工前の粘土

↑施工後の粘土

注意点としては

・私たちはコーティングされている車はコーティングを剥がしてしまうことがあるので使わないようにしていますよ!

・あと絶対に地面などのほこりや砂・石のある所に置かないでくださいね!ぜんぶ粘土にくっついてしまいますからね

 

鉄粉のついた粘土でそのままずっとナデナデしていたら余計傷をつける恐れがあるので、その表面を練りこんで内に内に入れ綺麗な面をだしてまたナデナデします。

たったそれだけで、愛車はツルッツルになります!

そして錆ずらくなるんです♪

思った以上にツルッツルになるので是非やってみてくださいね!

もちろん当店に入庫した車は最初に粘土をかけてからコーティングしてますよ♪

車の買取の事はもちろん、車のことならなんでもご相談くださいね

愛車の買取価格を聞く

沖縄最高価格の車買取に挑戦中!