こんにちは、今日は《沖縄県内で愛車を高く売却するために知っておくこと》

です。

 しっておくこと

まず

中古車の価格というのは、業者間で行われるオートオークションによってほぼ決まっているんですね。

そして、ほとんどの中古車販売買取業者は同じデータをみています

 

それでも、お店としては

『うちは買ってきたクルマは業者を通さないで直販するから高価買取が出来るよ~』とか

『フェアーだから少し高くても買い取れますよ~』とか

いろいろ言います。。

 

でも、実際のところはどこの業者も同じ相場を見ているので大体似たような金額になり

店の方針ですごく低く査定されていることもあります。

 

 

そもそも、中古車販売店はオークションに行けば、その相場の価格でその車が買えてしまうということなんです。(もちろん落札料やら手数料はかかります)

なので、その相場を超えてまでは買うことはないんです。

 

そこがその車の本当の価値(価格)となります。

 

ただ

実際は業者によって値段が大きく変わることが多くあります。

その違いは何か

 

それは、多くの場合において、お店にかかる経費の多少なんです。

 

街道沿いの大きなお店で従業員はいっぱいいて、ピカピカのクルマが何十台もおいてあるお店は、それだけで経費が毎月200万円前後はかかってきます。

その経費を捻出し、なおかつ利益を出すために必死の営業トークを致します。本来なら50万円の価値のある車を30万円で買おうとするわけです。。

セールストークが長くなる理由ですね♪

 

 

 

外車ディーラーや大手販売店・買取店のスタッフが、どうしてみんなスーツを着てきれいなショールームで営業ができるのか?誰がその経費を負担しているか?ということですね☆

 

お店の維持にかかるお金(経費)が高くなればなるほど、傾向として買取価格は低く、販売価格は高くなっていきます。

そして

そのかわりに世間への露出度はどんどん高くなっていきます。テレビのCMやフェアーの開催、ネット広告を出したり、国道沿いに大きなお店をオープンしたりと。。

経費をかけて、目立つことによって信頼を売りに出そうとしているわけですね。(効率よく利益を求めるため)

 

では、逆に小さなお店が良いのかというと、それも又、色々ありますが(個人店ならではの接客レベルの低さやオークションに加盟していない等)

ただ、間違いなくお店を維持するコストは大きく変わります。

 

このように見ていくと、どこで売ってどこで買うのが最善なのかが見えてくると思います。

 

他にも同業者ならではの良心的な中古車屋さんの見わけ方もいろいろありますので、ご興味がある方は是非ご連絡くださいませ。

本日はこの辺で失礼いたしますね。