こんにちは、沖縄一の高価車買取に挑戦中のマルクです♪

今回は、外国人さんが車の購入するにあたって準備する物について話ししたいと思います。

その内容というのが・・・印鑑登録について!(実印)

日本で長く生活する上では、必ず必要になってくるため、印鑑を作る必要があります。

 

例えば、日本に住んでいて車や家を購入や売却する際は必要になってきます。

外国人の方が印鑑登録を行う手順は、基本日本人が一般的に行う登録と特に変わりはありません。

外国人登録をしてある市町村役場に登録したい印鑑を持参して手続きを行うだけです。

ただし、自治体によっては英語表記を認めていないところもある様なので、印鑑を作る前に戸籍登録してある地域の役所で確認したほうが安心です。

または、住民票で登録されている名前の表記を知ることです。

補足として、外国人で通称名(通名)がある方も役所等で登録していれば通称名で作ること可能です。

 

例えば(自分の大好きなジョーダンを例にあげたいと思います。)

・マイケル ジョーダン←カタカナ表記で住民票に登録の場合はカタカナで印鑑を作った方がいい。

 ・マイケル

 ・ジョーダンで印鑑を作ることもできる。

・Michael Jordan←英語表記で住民票に登録されている方は英語で印鑑を作った方がいい。

 ・Michael

 

   ・Jordan

 ・M.Jordan

 

 ・M.Jで印鑑も作ることもできる。

・マイケル ジョーダンが通称名(通名)で比嘉太郎と登録していれば比嘉太郎として印鑑を登録しても大丈夫。

通称名とは?

外国の名前は発音等が難しい為、日本向けのセカンドネイムみたいなのが通称名です。

 補足として、住民票に登録されている名前と印鑑証明で登録されている名前と登録印が同じであればOK!!!

 

 各市町村ごとで多少違う所もあるみたいですが、基本は一緒です。

まずは、作る前に確認をしてから動いた方がいいですね~。(二度手間にならない様に)

 

あと一つ、外国人には分からないことだと思うので皆さんが注意してあげるのもいいと思います。

それは何かというと、印鑑の効力です。外国の方はサインは慣れていますが、印鑑を押す習慣や印鑑がどんだけの効力を持つかも知りません。

そんなことから、作る際には注意事項を教えてあげることいいかもですね!(親切心)

日本人は当たり前に分かることも外国人は知らない。

私たちも海外に行って生活する事になったら分からない事だらけですよね~?

それと一緒なのです。皆さんユイマール精神でいきましょう。

車買取屋としては買取や販売で分からないことや何でもお気軽にご相談くださいね~。

解決策を頑張って導きます。